キャップ構造の説明『スタンダードキャップ』

投稿者 : UzuhashiYukiko on

ウィッグのキャップ構造「スタンダードキャップ」

 

 

 

スタンダードキャップ、またはオープントップともいいます。

開放型のキャップ構造で通気性がよく、伸縮性のよいベルト状のネットになっています。

頭の形にフィットするように立体的なキャップの形状になっています。

スタンダードキャップのウィッグは機械で植毛してあるウィッグです。

機械植えなので手植えウィッグより価格はお求め安くなります。

 

頭頂部はふかし加工になっています。

ふかし加工とは

根元に熱で加工した縮れ毛のファイバーが植毛されていることによって、トップにふんわりとボリュームを持たせるスタイルになっています。

その構造上、スタイリングの自由度は少なくなりますが、慣れてくると手櫛を入れてセットするだけで美容院でセットしたてのようなヘアスタイルに整えることができます。

その他のキャップ構造についての説明はこちらから↓

スタンダードキャップ

レースフロント/レースサイド

モノトップ

レースフロント/モノトップ

0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。