シスターズ★ウィッグスのブログ

キャップ構造の説明『レースフロント/モノトップ』

投稿者 : UzuhashiYukiko on

ウィッグのキャップ構造「レースフロント/モノトップ」     前髪の生え際がレース、頭頂部がモノトップの構造になっています。 レース、モノトップ部分は手植えです。   前髪の生え際や頭頂部がより自然です。 機械植えウィッグより、手植え作業の工程が多く、価格が高めになります。 その他のキャップ構造についての説明はこちらから↓ スタンダードキャップ レースフロント/レースサイド モノトップ レースフロント/モノトップ

続きを読む →


キャップ構造の説明『モノトップ』

投稿者 : UzuhashiYukiko on

ウィッグのキャップ構造「モノトップ」   モノトップ、またはモノフィラメントなどといいます。 前髪から頭頂部にかけて半円状の広い範囲でモノフィラメントの二重構造になっています。 モノフィラメントはもともと、脱毛症などの方のために開発されました。 通気性のよいナイロン糸で作られたガーゼのような二重構造になっています。 モノフィラメントのメッシュに人工毛を丁寧に結びつけます。 その手植え作業の技術により、人の毛が毛根から立ち上がって生えるのと同じような状態を実現させ、とても自然なウィッグを作り上げます。   モノトップキャップの頭頂部は地肌が透けて見えます。 モノトップキャップは手作業の工程が機械植えウィッグよりも多いのでやや価格も高めになります。 その他のキャップ構造についての説明はこちらから↓ スタンダードキャップ レースフロント/レースサイド モノトップ レースフロント/モノトップ

続きを読む →


キャップ構造の説明『レースフロントレースサイド』

投稿者 : UzuhashiYukiko on

ウィッグのキャップ構造「レースフロント/レースサイド」     前髪の生え際と頭頂部の分け目部分がレースになっています。 レース以外の部分はスタンダードキャップと同じ構造です。     レース地部分は手植えです。 自然な生え際、分け目を実現させています。 薄いレース地は肌に馴染みやすく下の頭皮が透けて見えると自然なつむじに見せることができます。 スタンダードキャップとモノトップキャップの長所どりで 生え際や頭頂部はレースで手植えですが、またモノトップキャップのウィッグよりも機械植え部分が多いため価格はやや抑えられます。 その他のキャップ構造についての説明はこちらから↓ スタンダードキャップ レースフロント/レースサイド モノトップ レースフロント/モノトップ

続きを読む →


キャップ構造の説明『スタンダードキャップ』

投稿者 : UzuhashiYukiko on

ウィッグのキャップ構造「スタンダードキャップ」       スタンダードキャップ、またはオープントップともいいます。 開放型のキャップ構造で通気性がよく、伸縮性のよいベルト状のネットになっています。 頭の形にフィットするように立体的なキャップの形状になっています。 スタンダードキャップのウィッグは機械で植毛してあるウィッグです。 機械植えなので手植えウィッグより価格はお求め安くなります。   頭頂部はふかし加工になっています。 ふかし加工とは 根元に熱で加工した縮れ毛のファイバーが植毛されていることによって、トップにふんわりとボリュームを持たせるスタイルになっています。 その構造上、スタイリングの自由度は少なくなりますが、慣れてくると手櫛を入れてセットするだけで美容院でセットしたてのようなヘアスタイルに整えることができます。 その他のキャップ構造についての説明はこちらから↓ スタンダードキャップ レースフロント/レースサイド モノトップ レースフロント/モノトップ

続きを読む →


はじめまして!

投稿者 : UzuhashiYukiko on

はじめまして! シスターズ★ウィッグスのオーナーのゆきこと申します。 シスターズ★ウィッグスは、アメリカの数あるウィッグメーカーより人気の高いウィッグをセレクトして販売するネットショップです。 シスターズ★ウィッグスについてのページでショップについてや自己紹介などを記しています。 本日より、ネットショップをオープンいたしました。 よろしくお願いします。   

続きを読む →